「超短ハリス」動画

このブログでも度々お名前が出る、鴉の近野さんのYouTube。

僕はチャンネル登録しているので、レコメンドで流れてきます。実はこの動画には前編があって、後編を楽しみにしていました。お約束通り、後編は状況が好転していくのですが、予想以上の展開というか分析力でした。

あんまり書くとネタバレになってしまうので遠慮しますが、「だんご」でアタリを出すためのウキサイズダウンが、「セット」に変更した途端にオーバースペック(小さすぎという意味で)になってしまう、という描写が貴重な動画になっていると思います。これはハリスの長短に関係ない話ですが。

動画の中では、夕まずめという謙遜もありますが、やはりセットに変えたことが爆釣の理由だと思います。そして、「短ハリス『は』釣れる」ではなく、「短ハリス『でも』釣れる」が大事なんです。そこでイロモノ視点を捨てていただき、「じゃぁ、普段のハリスの長さには何の意味が?」という思考に繋げていただきたい。近野さんの動画からも、しっかりとそういうメッセージが伝わってきます。

ハッキリ言って、笑ってる場合じゃないんです。僕が長ハリサーだったら、焦る事態なんですけどね。自分の存在理由が失われるかもしれない危機なんですから。だけどなぜか、何十年もそうはならずに、放置されてきた歴史があります。でももう逃げられないと思いますよ。理解できないものを攻撃したり、見なかったことにしたりは、もう終わりです。これだけあちこちに「気づき」を得た人が出現した以上は。

着水後のウキを引っ張る投がないことにも驚きました。振り込みから取り込みまでの所作は、関東在住のトップトーナメンターと遜色ありません。上からの発言になってしまって恐縮ですが、僕からはもう、近野さんへ伝えることは何もないですね。センスのある方というのは、何もかもに自分で気づいていけるんです。ナリーズの泡舟さんもそう。連載当初に書いた通り、これで安心して死ねます(笑)。

僕の記事のタイトルを紹介していただいて嬉しかったですが、超短ハリスでの「お造り」スレの多さも映像にしていただいて、なんだかとても嬉しかったですね(笑)。理想の短ハリス動画でした。

Share on facebook
Share on twitter

7月を振り返る

あと3日ありますが、この7月を振り返っておきたいと思います。 まずは安倍元首相暗殺事件でしょうね。参院選の最中に起きた襲

続きを読む »

ブタ財布(爆)。

「ブタ財布」というんだそうですね、パンパンに膨らんだサイフのことを。 明らかに好意的な形容ではなく、軽蔑や嘲笑といったニ

続きを読む »

雑感。

3月の最終日曜日が、まんぼう明けの初釣行でした。所属のナリーズでは、泡舟&ガッツという2大スター時代になって以降、とても

続きを読む »

お問い合わせ(通常48時間以内返信)

©2020 kimitaka Enari 当サイトはアフィリエイトによる収益はありません

当サイトはアフィリエイトによる収益はありません
©2020 kimitaka Enari