10月も終わり

弱肉強食?

仕事は溜まっているので、ブログを更新する時間などないのだけれど、10月が0本というのは許せずにキーボードへ向かう。

先月にも書いたように、ペットのヘラブナが常在菌に罹患している件。現在、2匹になった。6月にクインテットから始まって、初日にカルテットとなり、先月にはトリオ、そして今はデュオ(デュエット)。

まだ痩せていなかった4号はガリベラと化し、5号はそこまで行かないが、背びれを広げている様を随分と見なくなった。3号が星になったのは10/2で、Facebookではすぐに遺体回収をせずにいたことを告白した。しかし、まさか完食されるまで放置したとは言えなかった。

5号(デカベラ、ボス)は遺体に興味がないようだったし、その頃は元気だった。完食した4号は、金魚用のペレット粒を飲み込めないようで、食べてもすぐに吐いてしまう。これは3号でもそうだった。喉が痛いんじゃないだろうか?という気もする。

ともあれ、「ヘラブナはプランクトンフィーダーではない。プランクトン『も』食べる雑食性の動物である」という長岡氏とのインタビューを裏付ける結果となった。それが知りたかったのか? いや、無駄なものは何一つなく、全て次へ受け継がれていく、という自然の真理を見たかったのかもしれない。

焼き肉外食

受け継がれるといえば、何年も使っていなかったジッポを長男に譲った。いまやタバコをやめてくれと頼んだ当人が喫煙者である。現在はアイコスらしいのでライターは要らないはずだが、「火を貸してくれ」と言われるシチュエーションは多いらしく。どうせ携帯するなら100円ライターはイヤだ、ということらしい。友達のためにマメだな。

長男といえば、長男が運転する車ではじめて出かけた。免許を取った昨年は二十歳で、保険料がバカ高くってスルーしたが、10月の更新時に21になっていたため、運転者条件変更。それなりに上がったが、昨年変更するよりは遥かにマシ。

家族四人で久々の外焼き肉。家族で出かけてビールが飲めるのは何年ぶりだろうか。

穴あき病

ヘラブナの話に戻るが、よく見ると4号も5号も体表はだいぶ綺麗になっている。メチレンブルーとエルバージュエースが効いたんだろう。しかし、体調不良は変わらない。相変わらず痒がるそぶりも見せるし、狂ったように暴れだすこともある。Facebook友達のアドバイスでエアも入れたが、鼻上げ基調のままだ。きっと体の内側が痒いのだ。

過去にもさんざんググったが、寄生虫による症状も併発している可能性を示唆する記事と出会った。国内では売っていない魚病薬をeBayで購入し、米国からの到着を待っている。リードタイムは2週間ほどということなので、それまでに星にならないことを祈る日々。

数日前から4号のエラに穴が開き、少しずつ広がってきた。ヒレの溶けはすでに止まっているが、とても痛々しい。満身創痍とはまさにコレだ。おそらく4号は助からない。果たして、3号から受け継いだ命のバトンは、5号に渡すことになるのか。残酷な飼い主による観察は続く、かもしれない。

そんなことより、釣り場で見るのを除けば、穴あき病は初体験だ。ウオジラミもそうだったけど、今回の子たちは、素人の自分にはハードルが高いコンディションの個体群だったのだと思う(ことにした)。

幸い、以下のFacebook投稿時よりも5号は落ち着いていて、たまにエサをねだるようになった。なので、投薬で復活する可能性はゼロではない。

日研ルール準拠

今でも21尺までしか使用できないのかどうか、競技会に出ないので知らないが(興味もないが)、僕が知る日研ルールは最長21尺までだ。先日の例会で腕の痛みがぶり返した僕は、もう長竿が振れる体ではないことを再認識。そして諦めた。

今回、22尺以上を全て処分した。円安なので還元高値で買い取ってもらえるからだ。もっとも、僕の竿は中国に持っていくそうなので、対元は対ドルほどに円が安くなっていないから、やや謎ではある。今でも根強い人気のある二代目閃光レインボーの27は、びっくりプライスで引き取ってもらえた。四半世紀前の竿なのに、XやL、Pより人気があるのだそう。

とはいえ、思い出はプライスレス。まだ30尺が発売されていなかった時代に、ひとりだけ27で釣る優越感は忘れられない。豊英だったかな。1人だけ底釣り可能、1人だけアタりっきり。前職に転職して最初に買った竿かもしれない。これは「へら鮒」で記事にもしたかも。

X28.5もFX30も、1回くらいしか使わなかった所謂ランクSだが、閃光レインボー27とたいして変わらない査定額だった。もう芦ノ湖や冬の三島には行けないが、仕方ない。次は胡座が辛くなって、釣り台持参ということになる筈。

その前に、キャリーを買わないと。バッグを背負うのが本当に辛くなりました。階段や坂道も怖いです。上りじゃなくて下りね。これが加齢ということだと思います。

ま、釣りへの情熱が冷めたわけではないので、気を取り直して、明日からウキを作りたいと思います。まずは10月で終わらせられなかった案件を片付けねば。。

Share on facebook
Share on twitter

シンクロ

貴重な動画 前回のシェア(11/10ブログ&11/12Facebook)からの流れで、YouTubeでは小池氏の動画がレ

続きを読む »

巨星墜つ

SNS時代初・重鎮の訃報 小池忠教氏が亡くなった。ヘラ業界では間違いなく一時代を築いたスターであり、一読者であった僕にも

続きを読む »

10月も終わり

弱肉強食? 仕事は溜まっているので、ブログを更新する時間などないのだけれど、10月が0本というのは許せずにキーボードへ向

続きを読む »

トラブルの連続

いまだかつてない忙しさに身を置く SNSでは誕生日を隠したので、面倒なお祝いメッセージが届かなくなって随分経つ。ラクだけ

続きを読む »

お問い合わせ(通常48時間以内返信)

©2020 kimitaka Enari 当サイトはアフィリエイトによる収益はありません

当サイトはアフィリエイトによる収益はありません
©2020 kimitaka Enari