とりまる

緊急事態宣言が明け、友人である岡田清さんの焼き鳥店に出かけてきました。

営業できなかった期間は半年以上。友人として心配しなかったと言ったらウソです。とはいえ、口だけなら何とでも言えます。明けたらすぐ行きますと言っていた以上、可及的速やかにお邪魔するつもりでした。

「来てやった」感も出したくないので、予約も入れずに突撃。人気店だけに待ったら待ったでいいや、と覚悟して臨みました。結果的には席をキープできましたが、もうちょっと遅かったらアウトでしたね。満席。現在の営業時間は当局の指示で21時までとのことなので、回転を待っていたら閉店になるところでした。

お店の看板メニュー「白レバー」。3年ぶりの逸品は脳みそがとろける味でした。デブの元でもいい。飽きるまで食べていたいと思わせる味です。中毒性あり。

「えっ? 江成くんか誰かのFacebookで、ウチを心配してくれた誰かのコメントがあって、それに対して明けたらすぐ行くって、江成くんは返信してたじゃん? だから来るもんだと思って待ってたけど(笑)」

「読んでんな〜。いいねも投稿もしないのに? ROM決め込んでんな(笑)」

「いやいや、もし僕が読まなくても、あっちこっちから情報は入ってくるからねぇ〜」

怖い怖い。てことは、ナリーズの新サイトで、岡田くんのことを書いたこともバレてるんだろう。ヒールにされた気がして傷ついた、そして僕も彼を傷つけていたんだろう、というくだり。ディスっているワケじゃないからいいんだけどね(笑)。

ま、そんなことでキョドる歳ではなくなりました。彼がどう感じていようが、僕の人生にとって重要な登場人物であることには変わりないし。実はナリーズ結成の場でもありますしね。

「じゃぁ、へら鮒天国の隼人の底釣り動画を神動画って書いてシェアしたことも知ってるのね?」

「それは知らなかったですぅ〜」

なんだよソレ〜(笑)。でもここから底釣り談義。同席したナリーズのシンちゃんも興奮気味。

昨年の厚木HCでのカッツケ動画から「何か吹っ切れた感」があって、そのときも絶賛シェアしたんだよと伝えると、本人も思い当たるフシはあるようで、よく見てんなぁと褒められました(笑)。

異動、起業、コロナで、実は3年ぶりの訪問でした。その前の3年間ほどは、結構な頻度で通ってたんですけどね。ようやくひとつの時代が終わったような気がしました。疎遠になっている間に、僕は僕で媒体に露出するようになっていて、いつか機会があれば、もう一度一緒に仕事をしてみたいと思ったのでした。

これは3年前の写真です
嶌ちゃん来てもう5年だって。早いねー。てか、オレ痩せてる。。

僕がFacebookで神動画と絶賛した動画がコチラ↓で、シンちゃんの前で披露した話が「ルーツ」。底釣りゼミは、北城さんの存在はもちろんですが、岡田くんのチェックもあっての記事だったのです。

こちら↓は20年前の秘蔵映像になります。僕の連載初期に、ゲストで岡田くんに来ていただきました。セット釣りをコーチしてもらうという企画です。モノクロテキストの記事なので、カラーも動画も関係ありませんが、なぜかビデオを回しているという(笑)

岡田くんも若いし、僕の声も若い(笑)。

ビデオから静止画が作れるのか? という話をしています。時代ですね(笑)。

Share on facebook
Share on twitter

ブタ財布(爆)。

「ブタ財布」というんだそうですね、パンパンに膨らんだサイフのことを。 明らかに好意的な形容ではなく、軽蔑や嘲笑といったニ

続きを読む »

雑感。

3月の最終日曜日が、まんぼう明けの初釣行でした。所属のナリーズでは、泡舟&ガッツという2大スター時代になって以降、とても

続きを読む »

有限実行

以下は昨年の8月9日のブログから引用になります。 >解説の最後の最後に、「いろいろ書いてきたけど人それぞれ」だとか

続きを読む »

お問い合わせ(通常48時間以内返信)

©2020 kimitaka Enari 当サイトはアフィリエイトによる収益はありません

当サイトはアフィリエイトによる収益はありません
©2020 kimitaka Enari